スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月21日

 形を二つ三つ行いますと、汗を拭わなけならないほど暑い日でした。
体調もよくありませんでしたので、大森流、英信流表を二回ずつ行い終わりました。
気にかかったところはありましたが、やり直しの稽古はしませんでした。 それでも自分の中で良かったところ、至らなかったところは残りましたので、次回の稽古につなげれば充分為になると思います。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 自分自身で自分の動きに気付けるようになれば、必ず上達し始めます。また気付いていればそれを道場ではなくても自分の部屋や日常生活の中で正すことも可能になります。質の良い稽古をされたと思います。31日にはそちらに参りますので日頃の稽古の成果を見せていただきます。(貫汪)
スポンサーサイト

7月14日

 このところしばらく稽古していない形もありましたので、今日は大森流、英信流表を通して行いました。
暑さで汗ばみ袴がまとわりついて動きを乱すこともありましたが、今回は形を満遍なくおこなうと決めていましたので、気になるところがあっても時間の都合で何度もは繰り返せませんでした。
納得いかないまま稽古を終えまして、いつものことながら稽古時間の少なさを痛感します。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 時間がないときでもとにかく形は満遍なく稽古してください。一通り通して、気付いたところを手直しする時間があればその形の手直しをし、時間がないようであれば日常生活の中で工夫してください。今の段階の動きは刀を持たずに十分に稽古できるはずです。日常生活での工夫が上達のかぎとなります。(貫汪)

6月30日

 先日、福岡の実家に帰ったときに博多織の古い帯がありましたので、今日からそれを稽古の時に使ってみました。 
本来はこのくらいが普通なのでしょうが、今までのものより硬めでしたので、きつくならない様に巻いたのですが、以前の抜付けができない状態に戻っていました。 そこで今日は、抜付けばかりを稽古することにしました。 今までの帯は腰が抜けたように柔らかくなっていましたので、多少の無理な動きもできたのでしょうが、固めの帯ではそれはできないようで、教えていただいた基本通りの動きしか出来ません。 思いがけず帯のおかげで、崩れかけた動きを修正することができました。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 よい事に気付かれました。帯も含めて道具は進歩に大きな影響を与えます。
 居合刀であってもバランスの悪い、体にあっていない短すぎるものを用いていれば、それなりの進歩しかしませんし、膝サポーターというものに頼り、体を痛めるような悪い動きをサポーターでカバーしていても本当の動きは出来るようにはなりません。
 上達には帯も重要な働きをなします。用いるものに無頓着であってはなりません。(貫汪)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。