スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月26日

今日は、忙しく道場に着いたときは僅かな時間しか残っておりませんでした。
いろいろ欲張ると何にもなりませんので、一つでも二つでも何か稽古出来るように心がけます。(浩)
スポンサーサイト

6月19日

 私を含め皆さんこのところ仕事が忙しく、稽古に来られなかったり、来られても残り時間が僅かだたりで、満足いくように稽古できていないようです。
 もちろん御自宅で工夫されてあるのでしょうが、やはり着替えて刀を扱うよにはいきません。
 ご自分で体育館等を借りてでも稽古しようとされるの良いと思いますが、大石神影流の稽古も始まりましたので、皆さんが揃う様に努めましょう。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私が久留米に出稽古に行くように、土曜日に数人で広島まで来られれば3時間は指導することができます。新幹線で来られれば、一人当たり往復に2万円以上かかりますが、私がするように自家用車を用いて、複数で来られれば人数割りで済みます。私が久留米に行くように、皆さんも予定を調整して広島に稽古に来てください。土曜日は通常午後2時から5時まで稽古できます(貫汪)

6月8日

 先生に久留米にお越しいただきまして、稽古いたしました。
斬撃や抜付けにおいて、思い違いをしていたところがありましたので、修正していただき、また出来ていないことは何度も注意していただきました。
 しかし、いまだに出来ていないようですので、これからの課題です。
最後に大石神影流を教えていただきましたが、私以外は、初めてでしたので、皆さん戸惑いながら学ばれておられるようでした。
出来るだけ早く復習いたしましょう。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これまでお話してきたように、できていないところは、思い違いではなく「我」が強すぎるところです。「我」をなくせば求めずとも自然とできるようになります。「我」をなくさずに小手先の動きのみを習得しても、それは猿まねにすぎません。自分と向かい合い、本物の修行をしてください。
 一人で稽古できることは、一人でしておけば、道場に出た時はそれを正せばよいことになります。(貫汪)

6月5日

 ゆっくり丁寧に稽古しまして、身体の各部がどのように動いているのか観察するようにしております。
 その動きがいいのか悪いのかをすぐに判断をしようとしていましたが、適切に判断を出来ないことが多々あるようで、判断を保留してただ観察するのみにいたしました。
 今の自分を正しく捉えられなければ、正しい手直しも出来ません。まずは、自分が見えるようになること。集中して、観察を続けられれば、自分がやっていることが段々なんとなく見えてくるはずです。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ゆっくり、丁寧に稽古すのは自分自身の駄目なところを見つけるためです。駄目な動きをゆっくり丁寧に行っても上達にはつながりません。また「我」の目で自分を観ても見えるものは見えてはきません。自分の心を把握してください。今まで上達した方は自分の心がなさけなく、悔し涙を流しながら稽古した方です。(貫汪)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。