スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月20日

11月も後半に差し掛かり、寒さも厳しくなってまいりました。
しかし、今夏の酷暑に比べれば、寒さも稽古にとってはちょうどよいくらいです。

今回は先週、ご指摘いただき課題の残る初発刀を稽古いたしました。
まずは力みを抜くこととを意識し、重心を下に下げることで抜き付けをしてみました。
なかなかうまくいかないのは、まず左が抜けていないため身体が半向半開になっていないようです。
何本か稽古をし、試行錯誤をしてみました。結果的にはまったく満足できる結果になっておりません。

大石神影流の試合口は以前の稽古から改め、動きをゆっくりといたしました。
また、それぞれの手数においてその度毎に、しっかりとできていないことを確認し、稽古いたしました。

稽古を通して学ぶことは、この稽古が最後と思うようにいたしました。次を考えては、そこに甘える自分があると思い、1つずつではありますが、変わっていきたいと思います(阿南)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2回古武道体験会は、終了いたしました。
ありがとうございました。
次回の体験会の詳細が決まりましたら、お知らせいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ほかの方が稽古されているところを眺めていますと、おっかなびっくり少しずつ稽古をしては、考えて、また動くように見受けられました。 間違った方向に行ってしまわないように注意されているのでしょう。 
 考えることも動いて感じることもバランスよく行うことが大切です。 われわれには稽古しかありませんので、限られた時間を大切に使っていきたいです。(浩)
スポンサーサイト

11月16日

先生にお越しいただき、稽古をつけていただきました。
斬撃と運剣という基本的ですが、自分にとっては困難なことを主に稽古いたしました。
そこだけを取り出して行えば、上手くいけば出来ることもありますが、形の中でその動きを再現出来ないでいます。 心の問題だそうです。 自分の心中で勝手に作った、イメージに沿って刀を操ろうとしています。 一人で稽古するときは、正直言いまして自分で気付かないこともありますので、出来るだけ動画に撮ろうと思います。
大石神影流においても自分たちで稽古していては、気付かないことをいくつもご指摘いただきましたので、次回までの課題です。(浩)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貫汪館館長森本先生をお招きして、今回は久留米武道館小道場で稽古いたしました。
この度、先生に改めてご指摘いただき、自分自身が抜けないものを無理に抜いていることに気づきました。
「出来ないことが上達につながる」という言葉はまさに自分ができないことをして、上達より遠ざかっていたのだと思いました。
稽古の間は、力みが抜くことを遮っており、抜くことが出来ず、そこから工夫をしなければいけないということだと思います。
形を追う結果、本質を見ることができなかったことも反省点であります。
今後は先生の指導を忠実に稽古に励んでまいりたいと思います(阿南)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2回古武道体験会は、終了いたしました。ありがとうございました。次回は、来年1月を予定しています。詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

11月13日

 いつもと同じようにまず、それぞれで形の稽古をいたしまして、その後動画に撮って確認。
そして、一人で出来ることは、自宅ですることとして、相手が必要な試合口や表拾本を稽古しまして終わりました。(浩)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆第2回古武道体験会を開催いたします。
指導は貫汪館館長が行います。

終了いたしました。ありがとうございました。次回は、来年1月を予定しています。詳細が決まりましたら、お知らせいたします。


今回の体験会は大石神影流剣術を中心に体験していただきます。
・武道未経験・経験は問いません。
・年齢性別問いません(年配の方や女性で長く稽古されている方もいます)
古武道は年齢を重ねても動けるように工夫されており、無理無駄のない動きを重視しているため、女性の方が上達が早く、またシニアの方でも稽古できます。
 
 いにしえの日本の武道を肌で感じてみませんか?

日時 2013年11月16日(土)17:00~18:00
場所 久留米市武道館小道場
服装 動きやすい格好(木刀はお貸しいたします)
会費 1,500円


ご希望の方は、貫汪館 久留米支部までお申し込みください。
貫汪館 久留米支部代表:野村浩司
℡ : 090-9584-9834(午後7時以降に御連絡ください)
mail: hmrrv_17?yahoo.co.jp  
(迷惑メール防止のため@を?に変えています。置き換えてご連絡ください)
なお件名は必ず無双神伝英信流からはじめてください。

11月9日

 土曜日の稽古は、ほぼ2時間使えますので、ひと通りならほとんど全てのことを浚えます。 通常の稽古ではあまり出来ないこともあります。 一回稽古したところで劇的には変わりませんが、積み重ねですので、時間と場所があれば続けてみます。(浩)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆第2回古武道体験会を開催いたします。
指導は貫汪館館長が行います。

今回の体験会は大石神影流剣術を中心に体験していただきます。
・武道未経験・経験は問いません。
・年齢性別問いません(年配の方や女性で長く稽古されている方もいます)
古武道は年齢を重ねても動けるように工夫されており、無理無駄のない動きを重視しているため、女性の方が上達が早く、またシニアの方でも稽古できます。
 
 いにしえの日本の武道を肌で感じてみませんか?


日時 2013年11月16日(土)17:00~18:00
場所 久留米市武道館小道場
服装 動きやすい格好(木刀はお貸しいたします)
会費 1,500円

ご希望の方は、貫汪館 久留米支部までお申し込みください。
貫汪館 久留米支部代表:野村浩司
℡ : 090-9584-9834(午後7時以降に御連絡ください)
mail: hmrrv_17?yahoo.co.jp  
(迷惑メール防止のため@を?に変えています。置き換えてご連絡ください)
なお件名は必ず無双神伝英信流からはじめてください。


11月6日

 今日は、あれもしよう、これもしようと考えておりましたので、少しあせりながらも前半は、各人それぞれで稽古しまして、それから気になるといいますか、出来の良くない形をお浚いいたしました。
 後半は、二人組みで行うのですが、前回あまり先へ進めませんでした表拾本でしたが、今日は少しだけ前進いたしました。
これからは、ますます稽古する事柄が増えていきますので、効率の良い方法を工夫していきます。(浩)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先週土曜日には福岡柳川市で開催された白秋祭に参加してまいりました。当日は福岡にある中、豪の領事がご来席され、柳川掘割をご一緒に川下りいたしました。駐日されたばかりの豪領事とお話した際に、「柳川はベニスより素晴らしい街だ!日本の文化は素晴らしい」とおっしゃられました。
幸いにも柳川市は大石神影流とも縁の深い街であります。改めて日本文化・精神性としての古武道にも海外の方々も興味を持たれていると実感することが出来ました。

 余談が長くなりましたが、大森流で陰陽進退・順刀・逆刀をご指導いただきました。一度で覚えられない不甲斐なさを感じつつも、「何年ダメな稽古をしても、さらにダメになるだけ」という言葉は頭をよぎりました。形だけに囚われているのではないかと思うことがあり、一旦リセットをして稽古をしてまいろうと思います。
 
 大石神影流は表拾本を稽古いたしました。新しい手数を学ぶ際に改めて基本となる構えや素振りの重要さを思い知ります。こちらは家でもものさしで稽古ができるので行ってみようと思います。
 
 今回の稽古では、心の動きが身体の動きに大きな影響を与えていることも学びました。身体の動きにばかり囚われがちですが、これからは心の動きにも気をつけてまいりたいと思います(阿南)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆第2回古武道体験会を開催いたします。
指導は貫汪館館長が行います。

今回の体験会は大石神影流剣術を中心に体験していただきます。
・武道未経験・経験は問いません。
・年齢性別問いません(年配の方や女性で長く稽古されている方もいます)
古武道は年齢を重ねても動けるように工夫されており、無理無駄のない動きを重視しているため、女性の方が上達が早く、またシニアの方でも稽古できます。
 
 いにしえの日本の武道を肌で感じてみませんか?



ご希望の方は、貫汪館 久留米支部までお申し込みください。
日時 2013年11月16日(土)17:00~18:00
場所 久留米市武道館小道場
服装 動きやすい格好(木刀はお貸しいたします)
会費 1,500円

11月2日

 大森流の復習から始めまして、すぐに剣術の稽古に移る予定でしたが、陰陽進退、順刀、逆刀に思いのほか時間をかけました。
 大石神影流は、いつものように構え、素振り、試合口とおこなって、表拾本のよう剱、げっ剱まで稽古いたしました。 次回は、先へ進めるようにします。(浩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 11月に入り早くも仕事が立込み繁忙になりつつあります。それにつれて心も少し浮いているような気持ちが続きます。出雲大社奉納演武から1週間が経ち、固い身体も心を稽古では少しでも脱力できるように心がけております。
大森流も大石神影流もそうですが、自らのイメージする動きが上手くできていない。それに気づいていないこともあったので、時間がある時は動画撮影をするようにしてみました。
 あわせて先生より頂いた動画でも学びながら、稽古を進めてみようと思います。江戸時代などは一度見せるだけで覚えなくてはいけないことを考えると、楽にしているのかなとも悩みますが、動画で学ぶ際は真剣に観て気づくように心がけます。
 大森流では刀に自分の手が居ついてることを指摘いただきました。抜くことばかり意識している結果だと思います。そうなると身体が前に傾くのも抜こうとする気持ちが現れているのではないかと想定できます。
 大石神影流では脱力を心がけますが、丹田より背中腕まではフニャフニャにならぬよう下半身は抜きつつも丹田に重心があるようにしてみます(阿)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆第2回古武道体験会を開催いたします。
指導は貫汪館館長が行います。

今回の体験会は大石神影流剣術を中心に体験していただきます。
・武道未経験・経験は問いません。
・年齢性別問いません(年配の方や女性で長く稽古されている方もいます)

古武道は年齢を重ねても動けるように工夫されており、無理無駄のない動きを重視しているため、女性の方が上達が早く、またシニアの方でも稽古できます。

いにしえの日本の武道を肌で感じてみませんか?


ご希望の方は、貫汪館 久留米支部までお申し込みください。
日時 2013年11月16日(土)17:00~18:00
場所 久留米市武道館小道場
服装 動きやすい格好(木刀はお貸しいたします)
会費 1,500円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。