スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月25日

遅らせばならがら稽古に参加いたしました。
大森流の初発刀、右刀、左刀、当刀と稽古をいたしました。
稽古をする際に、力みを意識して稽古いたしましたが、できてないところとして「体の重心がとれていないため、左右にブレる」ことに気づきました。
また、兄弟子より刀礼で尻が上がり頭が下がっているとご指摘を頂きました。言われてみるとそうなっていることに気づきます。
他にもつま先で地を蹴るようなこともあるので、ここも気をつけて参りたいと思います。
基本ですが、以前からの課題 絶対的な稽古量が少ないため、形を忘れていることもあるため、その復習も必要と思いました。
日常では先生の動きの動画で体幹を学ぶこと、礼法や歩法は日常動作に取り入れることができるので取り入れていきたいと思います。
言葉にするのが難しいですが、今、気づいたことを記して実行に移して参ります(阿南)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一人で太刀打の稽古をいたしましたが、今日のところは、細かい動きで分からないところもあり、途中で止まりながらでしたので多くは出来ませんでした。
 少しずつでも良くなるように繰り返してみます。(浩)
スポンサーサイト

12月18日

 先週より急に下肢静脈瘤が原因で、ふくらはぎが腫れ右膝が曲げづらくなりました。根治させるには手術をするしかないそうですので、しばらくは、病気とうまく付き合いながらやっていかなければなりません。 
 正座はもちろん立膝もし辛いので、立業の太刀打や大石神影流の手数を稽古することにいたしました。
 特に太刀打は、日頃おろそかにしているので、この機会にしっかり稽古したいと思います。(浩)

12月7日

年の暮れもあり、本業の方が慌ただしく久しぶりの稽古となりました。
稽古の中で、心がけたこととして、イメージを大切にする。
先月先生に稽古をつけていただいた時の動画をイメージします。ただそれが形だけの真似になれば「本来抜けないものを抜いてしまっている」ということと、稽古で指摘いただきましたので、出来ないことも今の現状として形だけの真似にならないようにしました。

初心である以上、絶対量稽古もしなければならないため、その時間の捻出も含めて今後の課題です(阿南)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回も、無雙神傳英信流の形稽古をいたしまして、その後大石神影流の対人稽古をいたしました。
 特に表拾本は、手順を追うことに気を使い本来の質を高める稽古が出来ていません。 手順は覚えてしまうように復習をしておきます。さもなければ、まともに稽古は出来ませんので。(浩)

12月4日

 いつもは、最後に行い時間が足りなくなっています大石神影流剣術を先に行いまして、表拾本も最後まで稽古できました。 今回は思い出しながら行うところも多くありました。もちろん手順をなぞっただけでは、稽古にもなっておりませんので、土曜日までに家で復習しておいてより深い稽古に努めます。(浩)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。