スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日

 今日は、祭日ですので7時から稽古を始められました。
 
 しかも、今週はもう一日体育館で稽古できますので、日ごろあまり稽古しない太刀打や、いつも最後におこなうので時間が僅かしか取れない、大石神影流剣術も稽古できました。

 来週はまた祭日ですので良いのですが、それ以降も思うような稽古が出来るような工夫が必要です。(浩)
スポンサーサイト

4月15日

 この頃は、仕事が定時に終わりませんので、稽古時間も限られています。

 大森流も英信流表も一回ずつしかできませんので、毎回休まぬようにし、時間と場所があれば他の日も稽古したいと思います。(浩)

力み

 棒回しをしていますと無駄な力がはいっていることを感じますが、この無駄な力を抜くと云うことが、まだよく解りません。

 力を抜くというと、ふにゃふにゃになる人がいますが、 ほとんどの方が自分は必要な力しか入ってないと思っておられるようですが、残念ながら我々は無駄な力だらけと、言っても過言ではないくらい無駄な力を入れています。

 ただ立っている時でさえ、立つための必要最小限の筋肉だけを使って立っておられるのは、相当稽古の進んだ人達だけでしょう。

 残念ながら、ほとんどの人は立つだけなのに様々な不要な筋肉を使って立っておられます。

 その原因の一つには、姿勢の悪さがあるようです。
姿勢が悪いと、体軸がぶれて重心が地球の中心に向って真っ直ぐ落ちませんので、あっちこっちの筋肉でバランスを取らないと真っ直ぐ立っていられないのです。

 つまりは、立ち姿の綺麗な人はどの道に於いてもただ者ではない と云うことです。(浩)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。